安心して飲める水を|育児に追われるママに優しい授乳服がコチラ

育児に追われるママに優しい授乳服がコチラ

ベビーとウーマン

安心して飲める水を

ウォーターサーバー

ランニングコストがかかる

ミネラルウォーターを定期的に購入する人に、お勧めなのが自宅まで水を届けてくれるウォーターサーバーの導入です。水道水のように塩素などが残留していないので、赤ちゃんに飲ませても安心ですし、ミルクを作るときにも大変便利なものです。しかし、ウォーターサーバーを導入するときは定期的に発生するランニングコストについて計算しておきましょう。ウォーターサーバーは、水を定期的に自宅まで配達してくれるのですが、その場合は定期購入契約を結ぶことになります。なので、定期的にいくらかの水代が毎月発生することになりますし、冷水と温水を作るので電気代も発生します。また、メーカーによっては定期的なメンテナンスを必要とする場合もあるので、そのメンテナンス費用も発生することになります。ウォーターサーバーを設置する場合は、どれくらいの水を消費するのかやランニングコストがいくらかかるのかを考えて導入するかどうかを決めるようにするといいでしょう。

必要なときにお湯が出る

小さい赤ちゃんの居る家では、安心して飲ませることができるお水としてママから支持されているのがウォーターサーバーです。人気の理由は、高品質な水を飲むことができる点と冷水と温水を作る手間を省くことができる点にあります。小さい赤ちゃんにとっては、ミルクは主食なのでなるべく安全なお水でミルクを作りたいのがママの心情です。また、ミルクを作る為にいちいち湯を沸かすのは大変ですし、お腹を空かせた小さい赤ちゃんは待ってはくれないものです。そこで、ウォーターサーバーが自宅にあると、ミルクが必要なときには、すぐにお湯が出るのですぐに作ることができます。また、子供が少し大きくなれば冷たい水をすぐに飲ませることも可能です。何かと便利なウォーターサーバーは、小さい赤ちゃんのいる家庭ではその利便性と質の高さから多くのママから支持されています。